プログラミング

このアルファベット何番目?番号対応表を作成してみた(エンジニア・スプレッド開発)

普段業務でスプレッドシートやExcelを使っていると、配列などで列のアルファベットが番号と対応しており、どの列がどの番号なのかが知りたい時があります。

そんな時に、パッと見れる対応表があれば良いなと思い、作成してみました。

アルファベットの列番号対応表(1始まり)

番号記号
1A
2B
3C
4D
5E
6F
7G
8H
9I
番号記号
10J
11K
12L
13M
14N
15O
16P
17Q
18R
番号記号
19S
20T
21U
22V
23W
24X
25Y
26Z

なかなかパッと出てこないものです。

アルファベットの列番号対応表(0始まり)

0始まりの場合も作成してみました。

番号記号
0A
1B
2C
3D
4E
5F
6G
7H
8I
番号記号
9J
10K
11L
12M
13N
14O
15P
16Q
17R
番号記号
18S
19T
20U
21V
22W
23X
24Y
25Z

とりあえず中間地点を覚えておく

中間地点、13番目のアルファベットは「M」です。これを覚えておけば、後半のアルファベットは思い出しやすくなると思います。

スプレッド・ExcelのCOLUMN関数でサクッと確認する

COLUMN関数で確認できるので、そもそもこれを知っている人は番号など考える必要がありませんでした。

COLUMN(セル番号)と入力すれば、そのセルの行番号がとれます。

しかし、やはり覚えてしまうのが早いかもしれません。

-プログラミング

Copyright© あきぞらてっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.