プログラミング

仕事が高速化するエンジニア・Webライターのおすすめキーボード!

こんにちは、あきぞらです。

毎日タイピングをしていて、「腕や肩が疲れたな~」ということはありませんか?

それは高品質なキーボードを使うことで改善されるかもしれません!

エンジニアやWebライター、デザイナーは1日中パソコンに向かって過ごすことが多いです。

そのため腕や肩に非常に負担がかかり、疲労がたまることがあります。

この記事では、そんな疲労を軽減し、仕事のスピードを高速化させるキーボードを紹介します!

パフォーマンス重視

まずは、パフォーマンス重視のキーボードから紹介します。

値段は高めですが、打ち心地はどれも最高のものばかりです。

基本的には、2万後半~4万円くらいの価格です。

しかし、こういったキーボードを使うことで、仕事の疲れが軽減し、タイピングが楽しくなります。

予算に余裕があれば、こちらのパフォーマンス重視のキーボードを強くオススメします。

東プレ REALFORCE

まず、僕の一番のオススメは東プレREALFORCEです。

ハイエンドキーボードとしては値段も割と手ごろなほうで、買いやすいです。

コアなファンも多く、愛用している方も多いと思います。

日本語配列・英語配列どちらもあります。

オススメは、以下機能が付いたこちらのキーボードです。

ポイント

  • 静音
  • テンキーレス(右側の数字キーがない)
  • キー荷重 30g(クッソ軽いです)

キー荷重は30gと45gがある

キーの重さは30gと45gのものがあります。

45gでも軽めなのですが、30gはメチャクチャ軽いです。

30gは、個人的には1日中キーボードを打ちっぱなしでもほとんど腕が疲れません。

しかし、30gは軽すぎるという意見がある人もいます。

一方、45gのほうは30gに比べ跳ね返りがしっかりしており、もちろんこちらも打っていて気持ちが良いです。

  • 「ちょっとは跳ね返りがほしい!!」という方は45g
  • 「打ちっぱなしだからとにかく軽いほうが良い!!」という方は30g

テンキーありならこちら

個人的な感想としては、テンキーはあまり使わず、場所を取るのでテンキー無しがよいです。

しかし、「テンキーをよく使う」という方なら、テンキー付きを選ぶのもアリです。

数字や金額を頻繁に入力する方には必須かなと思います!

Mac用もある

基本的にはREALFORCEはWindows用ですが、Mac用キーボードもあります。

MacBookやiMacの景観を損なわず使えるのが良いですね!

Mac用キーボードはストロークが浅いものが多いです。

ストローク深くて気持ちよく打てるものが使いたい!!」という方はこれ一択ですね。

デメリットは?

良いことずくめのREALFORCEですが、デメリットも少しあります。

あえて挙げるとすると、こちらの点かなと思います。

  • それなりに高価
  • 30gが非常に軽いため最初は戸惑う
  • アプリケーションキーがない
  • 無線タイプがない
  • 意外と重い

アプリケーションキーというのは、「右クリック」の変わりになるキーです。

ただ、こちらは「ファンクションキー」+「右Altキー」で代用できます。

また、2020年5月現在、無線タイプが無いというのもデメリットの一つです。

REALFORCE レビューサイト

REALFORCEのレビューに関しては、こちらのサイトが非常に参考になります。

気になる方は、こちらも参考されると良いと思います!

PFU HHKB (Happy Hacking Keyboard)

次に紹介するのは有名なHHKBのキーボードです。

HHKBは「これぞエンジニアのキーボード」という感じで、エンジニアで使っている人が多いです。

こちらもハイエンドのキーボードでなかなか高価ですが、REALFORCEよりもコンパクトで、独特の打鍵音があり、オススメです。

エンジニアで1日中コードを書く」という方は、買わない手はありませんというレベルです。

゛カッコよさ゛という観点で言えば、英語配列を使うのがオススメです。

黒も白もカッコいい

黒もモチロンカッコいいのですが、白もカッコいいです。

コンパクトできれいに配列された白キーボード、最高です。

Macで使うにしても、MacBookやiMacとの景観の相性抜群です。

無刻印でさらなるカッコよさへ

英語配列 × 無刻印モデルでさらにカッコよさが増します。

こちらは完全にエンジニアの玄人向けです。

形から入るのも全然アリです。僕は形から入る派です。

コンパクトでホームポジションを変える必要がない

HHKBのキーボードは、他のキーボードに比べテンキーもなく、非常にコンパクトです。

コンパクトで、手をホームポジションから動かすことなく打ち続けることができます。

打鍵音が楽しい

打鍵音が独特で、打っていると非常に気持ちよく、キーを叩くのが苦になりません。

キーを押したときの独特の「カタカタ」感はクセになります。

キーボードを叩くのがただの作業だったのが、楽しくなるというのは世界が変わる体験です。

是非この体験を実感してみてください。

デメリットは?

HHKBのデメリットは、玄人向けであるということです。

キーの配列が通常のキーボードと異なっていたり、カーソルキーが無いなど初心者には戸惑う部分が多いです。

逆に、初心者でも「エンジニアとしてレベルアップしていきたい!!」という方はチャレンジしてみると良いです。

HHKB レビューサイト

HHKBは、こちらのサイトが参考になりました。

コスパ重視

ここからは、コスパ重視のキーボードを紹介していきます。

「値段の高いキーボードはちょっと・・・」

「とりあえず安いので良さげなものがほしい!」

という方向けに紹介したいと思います!

エレコム ワイヤレス キーボード

コスパ重視でまずオススメしたいのが、こちらのエレコムのキーボードです。

使い心地もよく、何よりクセがないです。

初心者でも安心して利用できます。

「とりあえず安くて手ごろなキーボードが欲しい!!」という方は、これで十分です。

3000円かからずに購入することができます。

キーストロークは少し深め(メンブレン方式)で、タッチは軽めです。

USB無線接続なので、コードを気にせず使えるのもGOODです。

エレコム ワイヤレス キーボード (プレミアムメンブレン)

またエレコムのキーボードですが、こちらもオススメです。

こちら方は打ち心地が少し異なり、ストロークが深め(メンブレン方式)で、「スコスコ」といった軽快な感じで打てます。

こちらも非常に安く、数千円で購入できます。

ロジクール ワイヤレスキーボード

こちらもコスパの良さでは上のエレコムと同様です。

エレコムと同程度のタッチの軽さと、使い勝手の良さがあります。

ストロークは少し深め(メンブレン方式)です。

そしてとても安く2000円程度で購入できる点も良いです。

USB無線接続で、こちらもコードを気にせず利用できます。

こちらも、シンプルで使いやすいです。

Anker ウルトラスリム

「薄型でコンパクトなものが欲しい!」という方は、こちらのAnker ウルトラスリム がオススメです。

場所も取らず、BlueToothで接続します。持ち運びも可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎日使うものはなるべく投資するべきというのが僕の意見です。

自分に合ったキーボードを使って楽しく仕事していきましょう!

-プログラミング
-,

Copyright© あきぞらてっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.