受験・資格勉強

「独学」は難しい!と思っている人へ。続ける方法はあります

こんにちは、あきぞらです。

僕は偏差値が50以下くらいだったところから自宅浪人を数年続け、何とか高学歴と言われるような大学に入学できました。

僕が住んでいたところは田舎で、大きな予備校もありませんでした。

そんな環境だったため自宅浪人をしましたが、どんな浪人生でも継続させて受かりたい大学に合格することは可能だと思っています。

今日は、そんな自宅浪人をしていて身についた、独学を継続する方法を紹介したいと思います。

独学のメリットとは?

独学のメリットは、あげたらキリがありません。

  • 誰にも邪魔されない
  • 場所を選ばない
  • お金がかからない
  • いつでも始められる
  • 自己解決能力があがる

「続けること」さえできれば、独学は一番効率がいい学びかたです。

独学を続けるコツ

どんな分野でもある程度のレベルまで独学で身につけることができると思っています。

コツさえつかめば、あとはやるだけです。

目標となる人を見つける

SNSで自分と似た境遇から自分の理想に近い姿を実践している方を探しましょう。

そこで、その人がどういう行動を取ってきたのか、どういう考え方をしてきたのか、調べましょう。

その人がブログ等をやっている場合はラッキーです。そのブログは全て読むのが良いと思います。

理想となる人の情報に日常的に触れられるようにしておくと、モチベーションが維持しやすいです。

ツイッターかインスタグラムで仲間を見つける

ツイッターやインスタグラムで、同じ境遇の人を探してフォローしましょう。

自分と似た境遇の人が頑張っているのを見ると、やる気が出てきます。

「自分も頑張ろう」という気持ちになってきます。

僕が自宅浪人をしていたときは、にちゃんねるの大学受験サロンの多浪スレッドをよくみていました笑。

自分より頑張っているひとや、自分より境遇が悪いひと、色んなひとから刺激を受けたのを覚えています。

今でもにちゃんねるは活発なので、独学の分野に合わせたスレッドを覗いてみても良いかもしれません。

勉強アカウントを作って勉強した内容をアウトプットする

勉強したことはアウトプットしましょう。

アウトプットすることは知識の定着に非常に重要です。

何かを人に伝えようとすると、自分があやふやに理解していたことが浮き彫りになってきます。

この「あやふやに理解していたこと」をなくすことが独学において非常に重要です。

僕はエンジニアをやっていて、アウトプットについて出会った言葉があります。

「アウトプットしないのは知的な便秘」です。

勉強する環境を整える

これは、主に自宅で勉強する人向けなのですが、

勉強する環境は整えておいた方がいいです。

例えば、机の上がごちゃごちゃしていたり、椅子が壊れているなど、勉強がしにくい環境であれば、それはすぐに改善すべきです。

なるべく快適な環境を用意するようにしましょう。

とは言え、一気に環境を改善しようとすると時間がかかったり、モチベーションが下がるので、少しづつ改善していけばOKです。

勉強する場所を複数用意する

ずっと同じ場所で勉強していると、飽きてきますし、モチベーションが下がります。

そのため、勉強できる環境はいくつか用意した方がいいです。

僕が自宅浪人をしていたときは、自宅は広めだったので、自分の部屋はもちろん、リビングで勉強したり、弟がいない時は弟の机で勉強したりしていました。

いまは東京に住んでおり、部屋がせまいので、いきつけの喫茶店をいくつかストックしています笑。

また、ファミレスなら深夜でも営業しているところがあるので、夜遅くに勉強したいときは利用するのもアリです。

自分なりに勉強に使える環境をさがしていきましょう!

独学のデメリットは?

ここまで独学についてのメリットや継続するコツについて話してきましたが、

独学にはデメリットもあります。

「実技」を伴う分野では、独学は難しいものもある

本や参考書などで勉強できるものは、独学だけでいけると思います。

ただ、ジムのパーソナルトレーナーや、調理師など、「実務」が必要な分野の勉強は、スクールに通ったり、人から教わる必要があるかもしれません。

また、僕はエンジニアなのですが、エンジニアの例で言うと、プログラミングは独学でも学ぶことはできます。

しかし、「実務でのコードの書き方」、「システム運用の勘所」、「周辺ツールの使い方」などは、なかなか独学で勉強するのは難しいです。

実務や実技は「他人」が関わってくることなので、独学で勉強できることから少し質が変わってきます。

他人が関わるときの動きかたや実務の進め方は、やはり仕事でおぼえるか、スクールなどで学ぶ方が無難なようです。

「リアルな」仲間が作りにくい

これも人によるのですが、学校やスクールなどに行ったほうがリアルな仲間は作りやすいと思います。

SNSだけでつながる関係より、リアルでつながった関係の仲間のほうが、刺激もうけますし、モチベーションを維持しやすいと思います。

ここはもちろん考え方しだいですし、「SNSなどの関係でも十分!」というかたはあまり問題にならないかもしれません。

まとめ

これまで何人か頭の良い人に会ってきましたが、基本的にはみんな独学で勉強しています。

独学で勉強できる環境をもっていたり、コツを知っている人が多い印象でした。

少しでも勉強を続けたいひとの参考になれば幸いです!

それでは、また。

-受験・資格勉強

Copyright© あきぞらてっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.