受験・資格勉強

教科書不要?「物理のエッセンス」で高校物理を攻略しよう

こんにちは、あきぞらです。

僕は、大学受験で多浪(何年も受験浪人すること)を経験しました。4年も浪人した末に、一応世間一般的には有名な大学に入学しました。

大学受験の勉強は、全て独学でやりました。

大学は理系で、物理と化学を選択していたのですが、この「物理」に関しては高校生の時は本当に苦手科目で、全く点数が取れませんでした。

しかし、浪人時に「物理のエッセンス」という参考書に出会い、物理の点数を伸ばすことができました。今日はその「物理のエッセンス」を紹介したいと思います。

「物理のエッセンス」とは

河合出版から出ている高校物理の参考書です。

物理知識ゼロからとっかかるのはキツイかと思いますが、ある程度用語は分かるが解き方や事象を理解していない高校生、受験生、学び直しの社会人に向いています。

「物理のエッセンス」を読むべき読者

この参考書の想定する読者は、以下です。

  • 物理を選択していて、基礎が固まっていない高校生、浪人生
  • 物理の点数が伸び悩んでいる受験生
  • 高校物理を理解する必要が出てきた社会人、塾講師の方

逆に、物理の基礎が固まっていて、ある程度模試等で点数が取れている人は特に使う必要が無いと思います。

そういう方でもっと問題を解きたい方は、

難問題の系統(「難問題の系統とその解き方 新装第3版 物理 力学・熱・波動 [ 服部嗣雄 ]」、「難問題の系統とその解き方 新装第3版 物理 電磁気・原子 [ 服部嗣雄 ]」)や

入試標準問題集入試標準問題集[物理基礎・物理] [ 三幣 剛史 ])をバンバン解いていくと良いと思います。

「物理のエッセンス」で基礎は網羅できる

この参考書をやるだけで、大学受験の物理の基礎はほぼ網羅できると言えると個人的には思っています。

ただ、基礎がまだ固まっていない方は、1周やっただけではもちろん足りません。最低でも3周は繰り返し読み、解き直しましょう。僕が浪人していた頃は、おそらく5〜6周はしたと思います。

繰り返し読んで理解すれば、大学受験の模試でもある程度点数が取れるようになっていると思います。

はっきり言って、高校の授業で使われる教科書は分かりづらいです。あれをキチンと理解していればもちろん模試でも点数は取れます。

しかし、本質から理解でき、点数が取りやすくなる参考書は世の中にあるので、「大学受験で点数をとる」だけで言えば、名参考書を早いうちから使った方が絶対良いというのが僕の意見です。

「物理のエッセンス」の何が良いのか

シンプルでわかりやすい

この参考書は、講義形式で中身もかなりシンプルな作りになっています。無駄なイラストや図があまりなく、理解したい本質的なところに集中することができます。

 また、コラムや数学の知識の補足もあり、解説が丁寧です。物理や数学からしばらく馴染みがなかった社会人でもとっつきやすい中身になっているのがありがたいところです。

薄い割に中身が濃い

この参考書はそんなに分厚くないです。なので

「入門書だな」「簡単な参考書だな」

と物理の基礎が固まってないにもかかわらずそう思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、基礎がキチンと固まってないとかなり読みごたえがあります。基礎が固まっている人でも、知識や理解の補完ができると思います。

「物理のエッセンス」も難しい!という方へ

この参考書は易しくないです。なので、この参考書も難しい、という方もいるかと思います。そういう方はもっと易しめの参考書を先に買ってみるのもありだと思います。私がおすすめするのは以下です。

ひとそれぞれに自分のペースがあるので、学力や使える時間に合わせて選んでいきましょう!

-受験・資格勉強

Copyright© あきぞらてっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.