プログラミング

【Laravel】Eloquentでupdated_atがないテーブルを更新する方法!

あきぞらです。

LaravelのEloquentを使っていて、

updated_atやcreated_atなどのカラムがないテーブルを更新したいときがありました。

そのままでsaveなどの関数を使ってしまうと、

エラーになってしまいます。

そこで今回は、updated_atやcreated_atなどのカラムがないテーブルを更新する方法について紹介していきます。

$timestampsをfalseに設定する

updated_atやcreated_atなどのカラムがないテーブルや、

(そのような場合があるか分かりませんが、)更新したくない場合、

public $timestamps = false;

の記述をいれることで実装ができます。

下記にBookというモデルの記述例を出します。

class Book extends Model
{
    protected $table = 'books';
    public $timestamps = false;
    protected $fillable = [
        'name',
        'price',
    ];
}

これで、このモデルに紐づいているbooksというテーブルは

updated_atcreated_atの更新は考えなくてもよくなります。

-プログラミング

Copyright© あきぞらてっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.