Laravel

【Laravel】HTTPステータスコードを画面に返す方法

あきぞらです。

Laravel開発、楽しいです。

Laravelで開発をしていて、画面に403や500、200のHTTPステータスを任意で返したい場面がありました。

今回はその方法について紹介していきます。

response()を使ってステータスを返す

以下のようにして、画面にステータスコードと、

独自に設定したメッセージを挿入することができます。

$str = ['message' => 'ステータス:403];
return response()->view('statuses.return', $str, 403);

特定の例外処理やエラー発生時に利用することができますね。

-Laravel

Copyright© あきぞらてっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.