Laravel

【Laravel】Eloquentのクエリ結果でページネーションをつける方法!

あきぞらです。

Laravelで検索機能をつくっていた時に、

Eloquentでデータを取得したときページネーション(ページ分け)をする方法が簡単だったので、

今回はその方法を紹介していきます。

paginate()を使って簡単にページ分けができる

検索結果に対して、paginate(5)などのように付け足すことで、

ページ分けが簡単にできるようになります。

$users = App\User::paginate(5);

これは、引数を5としているので、検索結果の件数を5個ずつ分けています。

where句のあとにつなげることもできます。

$users = User::where('name', '=', 'あきぞら')->paginate(5);

page=ページ番号でアクセスが可能

ページネーションしたデータにアクセスするには、APIのURLを

(APIのURL)?page=2のような形でアクセスができます。

 

-Laravel

Copyright© あきぞらてっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.