Laravel

【Laravel】POSTリクエストでレスポンスに405エラーが返ってきたときの原因と対処法!

あきぞらです。

Laravelで開発をしていたとき、作成したAPIにPOSTリクエストを送信したところ、

405エラーが返ってきてしまいました。

今回はこのエラーと解消方法について紹介していきます。

405エラー (Method Not Allowed)とは?

405エラーとは、要するに「サーバーがリクエストを無効にしている」エラーのようです。

サーバーがリクエストメソッドを理解しているものの、無効にされており使用することができません。

例えば、 API がリソースを DELETE することを禁止できます。

GET および HEAD の二つは必須で、無効にすることができず、このエラーコードを返してはいけません。

サーバー側=Laravelがリクエストを受け付けてくれない、という状況のようです。

解決方法

APIエンドポイントのURLがHTTPSではなく、HTTPになっていたのが原因のようです。

HTTPSに直してあげます。

例:
http://request-test.akizora.tech/api
↓
https://request-test.akizora.tech/api

これでエラーが解消されます。

-Laravel

Copyright© あきぞらてっく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.