ライフハック

転職直後、新しい職場で僕が気を付けた3つのこと

こんにちは、あきぞらです。

転職して1ヶ月が経とうとしている。もちろん慣れない事ばかりで中々きついと思うこともたくさんあるが、ここまで仕事をする上で心がけたり、気をつけていること、もしくは気を付けるべきことを書こうと思う。といっても当たり前のことばかりかもしれない。

とにかく覚える事に専念する

とにかく覚えることに専念する。職場での仕事の仕方、運用方法、をとにかく把握する。

とりあえず、職場のやり方が非効率であったり、無駄な作業があってもとりあえず文句は言わない。改善点があれば後で提案できる用にまとめておく。

というのも、組織を変えたり効率化していくには「内」から変えていく必要があるので、まず組織の「内」を把握しきる必要がある。でなければ高確率で組織内でハレーションが起きる。と、思っている。

なのでまずは、組織、部署の仕事内容、共通言語(用語)、ツールの使い方、誰がどういう風に働いているのか、決定者、承認者は誰か、を把握する事に専念した。とにかく皆からの職場・仕事に対する情報集めが必要だ。

もちろん転職したてだから組織の情報がほとんどない。できれば同じタイミングで入社した同僚と仲良くなり、そこから車内の人脈を作っていくのがベストだと思う。飲み会があればなるべく行き、「人」に関する情報を集める。

レスポンスは速く

転職直後でなくても、新参者でなくとも大切なことだと思うけど、レスポンスは早く、多くすることを考えた。

僕はけっこうビビリで、知らない事があると反応が遅れてしまうことが多いのだけど、チャットツール、対面での反応だけ は速くしようと思っていた。これも僕の経験則なのだけど、仕事ができる人はレスポンスも速い。

レスポンスが速い人は上司や同僚の質問や要求に対して自分からリスクを取って対応する人が多い。結果、その人に仕事が集まり、スキルが上がっていく。とりあえず分からない事がきても、「確認します」、「やります」という返事をするようにしていた。

変なプライドは捨て、「何も分かってない奴」オーラを出す

いくらスキルがあっても職場のやり方があるので誰かに教えてもらわないと仕事は始められない。知らない事ばかりなので、「あ、こいつ何も分かってないな」とむしろ思ってもらおうと思った。

「分かってない奴」と思ってもらえている期間は、おそらくそんなに長くない。多分入社して1〜2ヶ月くらいだと思う。

なので、早く仕事を覚えるためにも、「何も分かってないから教えておくれ、助けておくれ〜」という事が言える環境に可能な限り持っていくことを考えていた。同じ情報でもいいから、いろんな人からいろんな情報をもらえるようなキャラを作っておく様にした。これは誰かに教えてもらうのを待っているのではダメなので、自分の足を使って質問を多くするようにした。(しかし中途入社ではあるので、新人みたいな質問の仕方にならないようには気をつけた。)

新参者だからと言って、容赦を受けない

むしろ一番下っ端だから、誰よりも多く働こうというスタンスでいた。「入ったばっかりだから、このタスクはここで切り上げて帰ろう」という甘えは断ち切ろうと思っていた。幸い(?)あまり気にされない会社ではあったので、勤務時間に関しては皆と同じくらいかそれ以上に働くことができた。(働き方改革とは…) 「皆と同じように働く」というのは、組織に入り込むのに重要な要素だと思っていて、表面上だけでなく、真の意味で受け入れてもらうには、皆と同じように振舞うことが重要だと思った。「自分」を出していくには、まずそこからやるべきというのが今のところ自論だ。

まとめ

  • 組織を知る事に専念した
  • 無知キャラを作り、最低限の身の回りの情報を仕入れまくった
  • (周りと同程度以上)ハードワークした

転職したての人の参考になればと思います!

-ライフハック

Copyright© あきぞらてっく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.